企業のリレーサーバーの仕組み

バナー

企業のリレーサーバーの仕組み

専門的にサービスを提供しているリレーサーバーの仕組みは、基本的なメール配信の機能としてのリレー機能を活用したものだと言えるでしょう。

企業が自社サーバーを用いてメール配信をするときには、自社で配信システムを構築します。
一つのサーバー内に他の機能を持たせることもありますが、メール配信のためだけに別のサーバーを準備することもあります。

これは比較的容易にできることだと言えるでしょう。
リレーサーバーの仕組みは、メール配信をするためのサーバーとして専門業者のものを用いると言うことです。

メール専用のサーバーで配信していたものを、外部に設置すると言うことになりますから、物理的な距離が遠くなるというだけで、基本的な構造は変わりません。


リレーサーバーの仕組みは基本的にこのようになっています。

リレーサーバーの仕組みとしては、このようになっているのですが、専門業者を利用するために料金を支払うことが必要となります。
企業は自社でサーバーを増設するよりも、専門業者に委託した方がコストダウンができたり、あるいは安定配信ができたりするというメリットがあります。

外部の専門業者を利用する代わりに、利用するための料金を支払うというのが料金面で見たリレーサーバーの仕組みだとも言えるでしょう。

サーバーを安定運用したり、あるいはメールを確実に配信したりできるように、外部の専門業者のサーバーを用いるというのが、企業のメール配信の主流となっています。

http://www.yamaguchi-pu.ac.jp/annai/social-media.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1691785.html
http://www.kyoto-sanjo.or.jp/event/779.html

ねこ撃退の情報を掲載しませんか。

腕の脂肪吸引に関連した書きかけ項目です。

工場の求人に今、注目が集まっています。

脱毛サロンの全身に関する特集の情報が満載です。

トラックの買取がオススメです。

Copyright (C) 2015 企業のリレーサーバーの仕組み All Rights Reserved.